風変わりなお茶

2016-03-11

風変わりのお茶

とは違うお茶<P>で

というのは

たびに、暑い夏の日には、家のそばのヴェッキオ橋で総会に無料供給伏茶菓.伏茶時のあのおじいさん、おばあさんの顔はいつも優しい笑顔、ひっきりなしに、通行人焼きお茶、お茶.

私は、私は、水の渇きを忘れて、私は、車、すぐに100メートルのダッシュスピードで走って、1杯、頭は担ぎ、グルグルと飲むと、すぐに、第二杯.そのとき、私の肩、私の肩、忙しくて、忙しくない:"ゆっくり飲む、ゆっくり飲む、急に.」私は聞いてみるとスピードが鈍化ている.飲んで後、すぐ感じて、まだ殘っている嘴中ちょい甘さ!おじいさんとおじいさんとおばあさんを見た、暑い日の、彼らは暑い、暑いですか?日はそんなに毒、彼らは家でエアコンを楽しむ冷気を楽しむことはないでしょうか?私の気持ちをみて、さっきのこのおばあさんは楽に笑うと、このような天気は誰が暑くない?でも、私たちの苦労のお茶はそんなに多くの人の渇きを愈して、こんなに多くのお茶を飲んでいる人の1副舒服する様子、自然は暑くなく、これは毎日家の中にじっとしている意味があることができます!」私は頷い、目はおじいさんのそこに移した.彼は難渋として、片手でバケツを手に入れ、その手の底には、その手の底.水がざあっとその大釜に倒れた.続いて、彼はまた持った鉄を挟んで、熟練に横への1匹の焼けて金色のストーブにいくつの練炭を、そして、また雑巾パッドは1匹の鍋に両方の手をつかんで歯を食いしばって、、、この重い鍋に持って.私は、お力添えを売りたいと思って、おばあさんは急いで私に居住して、摇摇頭を摇摇ます.そのあと、おじいさんは、その鍋をストーブの上にそっと置く.彼はこのように、彼はやっとこのようにして、彼は手をこすると額に立ち迷う汗を拭きました.そのとき、おばあさんは、昔の人は多く、一日降りて来て、このようにして帰って何度も帰ってきたか分からない!でも私たちは忙しくて楽しくて!彼女の話から満足感と充実感を聞いて.彼ら老いてはますます壮んなるべしが名教の内自ら楽地有りだろう!

これらのおじいさんとおばあさんと

のようにこの座ヴェッキオ橋、黙々と、無私に余熱を発揮している.この杯のお茶は風変わりとは違う、中にはおじいさん、おばあさんの一片としてのひろいが含まれているからです!

Copyright© 2010-2013 精力アップに欠かせない食材の紹介 All Rights Reserved.