歳月は去り、精力アップ往事は依然として……

2016-05-30

今度帰ってきて、熟知していることはすべて少なくなってきました……

から高い砂での高速後通りに,わざわざ行っ留意週囲と変化を経て、6軒屋後私は思う存分の行く前に、私から武岡バイクで六家屋泉塘あたりにあって、毎回感じが違う……

私の車は

城壁の方向へ、私はわがままな叫び武岡城壁の上……私は恐らく私の後の日の中で時間が経つにつれて、彼女の記憶云淡风轻、遠ざかる.帰ってきても1種持っているのは極めて抑圧の気持ちで、私はこの収容した七年ぶりの都市を慰めを少し自信を、ここで少し清浄を探して,あれらの熟知した人によく知っていることは、その記憶を探して、宣風楼上に城壁を背後に控えている私の印を殘し続けると、雲山の山頂に登って行ってみたいこの都梁州城、威渓の中央と一度どしゃ降り……しかしそれらは過去雲煙、あるいは届かない、彷徨っ武岡城の中の四つ辻、聴き続ける車へのざわめき……

帰ってくる日夜二人といてて中央広場、そこに今ににぎやかで、私たちはそれを避けてにぎやかな場所は、彼を離れ遠くない1本の溝が隣に座って、そこに相対清浄、万事のざわめき、そばばには私のカップルとカエルのひどく苦しむの鳴き声……あの静かに滯在した時間は以前のように一緒に谈天论地勝手気ままに笑って、ただ大人になったではなく、を失った以前の楽観的ではなく、現実をそうになっ尾羽打ち枯らす.ある時、感情は本当に、しかし現実社会はうそ、瑣事が多く、若い人の若い心、どこが私達の天下がないのではありませんて、しかし現実社会はすべて私達の天下ではありません……

湖南の天気は以前のようにあんなに暑くて、空は相変わらず靑は、心のないような天気のように热像そんなにの靑の空のように,精力アップ、白い雲の下の黄色の古建築と流れる滔滔係水、この時すべてはもうないそれらにあるまじき迫力と怒って、黄色の瓦の上に包まれた厚い灰色で、今のようにまったく活気がなかったような資本の水もない前に続けていく勇気が……はかす風楼と私と私は、少し慰めのあの夏の夏に向かって吹く風、ブルーの空を見て慰めてくれますか?楼上見てのんびり老人たちに引き出した二胡の音と京劇演技できるかどうかを歓迎する私の心は暗くなる……

勇気がなくて郷に帰っていく勇気がないか知らない.電話が帰った時、年が近い旬の祖母はまだ三十8度の温度の下につけ化学肥料、彼ら十年一日の加護をかばって私のように彼女のその種子、先日彼女は病気で倒れてしまう家、私は電話をかけて帰りは私には閉口し、お父さんお父さんに電話教えてくれたこの場合、二十一年の時間が過ぎました、彼女は私を連れてたまる二十一年、父と母は私を生んで四ヶ月後から私を连れて、今まで、私今>

Copyright© 2010-2013 精力アップに欠かせない食材の紹介 All Rights Reserved.