慎防細菌、精力アップ真菌感染!やけどをして油薬を塗る

2016-06-28

八仙の関係、夕の間の国人がやけどの問題に関心を持ち始めた.あなたも、このやけどを買いたいと思って家に備、本文は油薬の成分、作用の原理、進化の過程を話します.また、現在薬局で購入された熱やけどをしますと,細菌を殺し、カビ感染症予防できないなど5つの注意事項、使用時は注意しなければなりません.

p〉〈時は> <紫雲膏

やけどは一種の古い病気、人間から火を使うから火傷治療の必要を得たいなら、私たちの各類の植物、樹脂、牛乳、蜂蜜、動物性の油、灰燼、酒とお酢などを持ってきてされていた.例えば漢方治療やけどの利器紫雲クリームは、紫根、当帰、ごま油、カラビャクシ、麒麟竭、ライト粉やミツロウなどが調和して.日本の紫雲膏は省略軽い粉、カラビャクシ、麒麟竭の3品.この種類の歴史は無数の人試験の薬草を組み合わせて一定の効果があるべきで、ただとても効果的にその1種の成分を知っていますか?作用メカニズムは何か?また、大面積にやけどをしている感染問題についても、何も助けていません.

p〉〈時はDakin <>溶液
によると、この問題は細菌感染、これも死亡の要因となっている.そのため、やけどをしても良い殺菌能力があるとしても.この条件で一見そう難しくないように満足し、多くの薬剤フェノール、オキシドール、優ヨウ素、サリチル酸なども強い殺菌力が、これらの薬でやけどであまり刺激は有毒ので使用できない.

にしても、本当に進歩することは、二次世界大戦にまで遡るとさ.第一次大戦時のノーベル賞受賞者Dr . Carrelを発見した兵士の70%は傷口から切断感染で傷口自体は深刻で、彼とDr . Dakinが共同で開発したというDakin水溶液は,その主要な成分は次亜塩素酸ナトリウム(NaOCl)、とても良い殺菌効果皮膚に刺激しない.Dakin水溶液は効果がよく、第二次大戦までもまた人が使う.でも使用方式で迷惑でなければ、パイプを通じる傷口に2時間ごとにを一度に加え,精力アップ、その後人工包帯や抗生物質の発明この薬は徐々に撤退.

硝酸銀溶液

じゅうく世紀末Halsteadみで10%の硝酸銀溶液火傷治療.硝酸銀は、組織後殺菌して痂皮、これらの硬い痂皮が保護され、組織の水分流失を防止するため、初期効果が良い.しかし、第二次大戦、痂皮の下で感染して感染しているので、それを使用しないことを発見します.でも銀塩殺菌剤として多くの利点がありますので、アレルギーを起こし、毒性、薬効ない持久、溶けた水、ない妨害上皮成長などから、1960年代にまたある人からトライ銀塩.

Moyer硝酸銀の濃度は0 . 5%下がってそして>

Copyright© 2010-2013 精力アップに欠かせない食材の紹介 All Rights Reserved.