体温低下は一時、体の精力アップ免疫力はすぐに30 %減少した

2016-06-24

体は体の免疫力がすぐに30 %下がることに、体の免疫力がすぐに下がって、体の健康は割り引き!これほど低体温は,がん細胞の温床になり、体温を高めるためには、がん細胞がこっそり侵入し、健康状態を保つ.

哈チュ!天候にかかわらず、低い人は常に伝染性に感染しやすい、季節交代時に鼻過敏な水は直流、しかし多くの人は低体温が自分に対して多くの影響を知っていることを知らない
紅蜘蛛の成分.

日本、アメリカ、ヨーロッパ医師免許を取得抗老化の斎藤真嗣医師が新著「体温上昇健康に注意すれば、体温低下いち度、免疫力は下がって30%は、がん細胞につながることを機に繁殖するため、どのように体を維持に一定の温度になった病気の予防に最良の良い方法.

人体は37度で、免疫ガンに対抗する細胞最強、最も有効なNK細胞(自己キラー細胞)が活性最高の状態で、がん細胞に遏止することができる.また37度では体内酵素活性も最強、白血球質強化、免疫力、有効撃退ウイルス.また、体温正常な場合は、血液の流れが急速に速く、脳の老化を防ぐことができます.

体温は35度にある時、状況は楽観的にならない.35度は癌の細胞で最も活発な温度で、NK細胞の活動力が下がって、がん細胞有機的な有機的な.このほかに血液が流れてゆっくり、血栓になりやすい場合、脳卒中の確率も大幅にアップします.

1、体温低下は1度、免疫力は30 %減少しますと、斎王真嗣さんは医師に、1度、免疫力が低下して、免疫力が低下して、免疫力が低下して、免疫力が低下して.しかしただ一度は上昇し、免疫力を高めることができ600% 500~.だから一日、自分の体温を一度にしてください!例えば朝健は30分歩いて、熱いお湯を飲むのか,10分かかっても簡単に時間のかかる良い方法がありません.しかし、長期に体温を維持するためには、体から体を変えるようにしなければならない.筋肉運動は私達の体温の源で、筋肉が増えると基礎代謝率、基礎代謝率はまた消費カロリーの70 %を占めている.すなわち、筋肉量を増やして体温を維持することによって、ダイエットの作用があります.薬は風邪薬から不眠薬などを食べて食べないで、なるべく食べず、薬も体温低下につながると提案しています.また、精神と肉体的ストレスになる私たちは自律神経失調,精力アップ、これも、体の低温の原因の一つで、だからいつも多くのストレス発散する協調し、内外才能恒温の良い体質.

Copyright© 2010-2013 精力アップに欠かせない食材の紹介 All Rights Reserved.