下痢は精力アップどうして白いワンタンを豆花

2016-08-08

ちょっとお腹が引いて、実はこの大きな程度にも脾と関係があります.赤痢は一年の四季の中で可能性がありますが、夏には、夏になると、湿邪で犯されやすいですから、そのときは下痢を起こしやすく、人に大きな苦痛と悩みをもたらします.

ここに1つの治療が下痢、赤痢の小さな民間療法、それは白できし豆花小さいワンタン、方法も簡単な.新鮮な白偏平豆花100グラム、やせ豚肉100グラム、白小麦粉150グラム,精力アップ、醤油と味は各適量、こしょう7粒、ねぎ1本.白いんげん豆花はきれいになってから清水で洗濯して、お湯に入れておいてください.豚肉は肉を伐る、ネギはみじん切り、コショウは油で揚げ、その後も纪末 ED勃起不全の症状,醤油として餡に和え.ゆでるの2950の2950の湯を切ってはいけなくて、じっとしていた後にそれを使って、押しつぶして小さくなって小さい三角形に切ることを使って、包んで小さくワンタンを作り、炊けて食べることができます.毎日一度、何日も食べ続け、慢性下痢にも良い治療効果があります.

Pは、赤痢治療には、多くの場合、2つの側面から、脾,二は化湿.そして白インゲン花が止瀉治赤痢、功績はそれは改善できる人体の脾臓のびくびくする湿盛の状況.四川省漢方薬誌によれば白きし豆花:健脾臓と胃を加え、除湿.神は気絶治暑さ、迷惑をかける胃、下痢血膿、夏の下痢…….『本草が読む』にも記載白きし豆花が治赤痢インゲン花も者の血に入って宣瘀分、白者にガス分行ガス、凡そ花の散ため、だからしかし暑気を払う散邪を治夏月泻痢などの証も.

pは、白偏平を使って小さいワンタンを包んだほか、白い豆花で水飲を飲むことで、赤痢を治療します.取白偏平な豆花ひゃくグラムの水は、煎茶、製濃度は100%の煎液.一般的な経口投与は1日あたりの体重が1~1ミリリットル計算されて、一日早く、中、晩に一回服を1回ずつ.研究の13例の中、ソテー液連続3~7日後、全快の7例、臨床症状が一部消えたり軽減された3例、無効な3例がある.この方は、ほとんどの人が全快や症状が軽減され、その過程には何の副作用もない.

Copyright© 2010-2013 精力アップに欠かせない食材の紹介 All Rights Reserved.