下痢はどうやって吸い玉治療下痢の精力アップ方法

2016-08-22

下痢は一種のよくある症状、通称下痢とは、排便回数が明らかに平日習慣の週波数を超え,糞の質が希薄で、水分増加、毎日排便量以上200 g、または未消化を含む食べ物や、粘液血膿.下痢は排便のせっぱつまっ感、肛門は調子が悪く、失禁など症状がある.その下痢には薬を飲んで他の方法があるのか?今日小編推薦の吸い玉の治療下痢の方法.

治療下痢の吸い玉療法:

p> <いち、患者を仰臥位、口径6 cmの中型罐はへそ巢所(相当神闕で穴を中心に、両側天枢穴の部分を含む)を一缶、普通の一日おきにまたは4日に一度ぶりは、いち~さん一回のみ軽減や治.適用薄い、大便糞便回数が多いため、あるいはクールの灰が白い稀、または完穀化の稀がない.

に、取穴:①天枢、関元、足三里、上巨虚、②小腸大腸のつぼ、つぼ,精力アップ、足三里、下巨虚.俞穴部位によって異なる口径罐を取って、上記2組経穴交代を使用し、毎日やあさってに一度、治療を吸い玉.本法を適用する好みのびくびくして冷たく型腹下し.

吸い玉法の注意しなければならない、操作時にこそ、缶をきつくて,吸着有力.もしやけどや留缶長くて皮膚泡立つ時、小さいのは必要処理だけで、つけて消毒ガーゼを防ぐために、剥いで 威哥王;水疱が大きい時用の消毒を塗って針を水で、ゲンチアナ紫薬や消毒ガーゼを巻き、感染を防ぐため.皮膚アレルギー、潰瘍、水腫の部位や大血管分布の部位ではなく、吸い玉.高熱けいれん者や妊婦の腹部、腰部分らかっても、不適に吸い玉.

Copyright© 2010-2013 精力アップに欠かせない食材の紹介 All Rights Reserved.