あまり神精力アップ経を

2016-04-12

は瞬く間に、時間の歯車いつのまにかまたいくつが巡り、風に揺れる時を貫いたと緑の樹影、こぼした地面いっぱいの恋しい思い、まだら模様の記憶の中で、その年の靑い時代、あの夏の日は冷たい太陽ほど美しくて、記憶の中のあの午後のお茶の薰衣時が茂って青藤うねうね曲がりくねって言えない深い回廊の中の笑顔、それからも見えない……

は時間が過ぎるのが速すぎるのか、私はずっと未熟で、いつも組みたくない思い出の尻尾も手放せない、完全に無視したすべての今も以降のかつて、靑の時代の記憶の中の笑顔、美しい気持ち、冷たいた夏の光、永遠にはまだ暴れだす季節に野放図な透過幾隔て堆積後に迫る心、長が狂った記憶のドリル透心房、直心に刺さる最も柔軟な地方……

思い出していつも伴っ文字列は寂しさの結成を憂え悲しみ一年の記憶は風が吹く時より刀の氷山の一角の跡も深く、歩くほど遠い時間は思い出を持っていって、しかし夏に痛い目の光を心からの記憶がどうして埋蔵を出して、そして思い出ずっと封じ、心に記憶はずっと脳裏の封印……

もしかすると、私は寂しい人、今夜、窓の外は星空、半掛けて日角、あんなにたくさんの窓の前に機の上を仰ぎ、頬杖、星に訴えていないあなたの孤独……

はいつから、いつも孤独な感じがある,精力アップ、見落とすされている感じ、あなたはすでに身の回りで、千に隔たって、まだ未満の月の思い出に向かっているのであるかどうか、ということはありません……

あの一年幸せな時間、あの夏の午後の太陽の光に照らされて深い青藤登るの廊下でいっぱいの談笑から枝葉が茂るの隙間に伝わって樹影ずっと遠い……

がくれたから私の歓楽、冷たい夏の陽の愛するあなた今の安否を聞いたのですが、あの夏の長い廊下の青藤今は依然として盛んで、風に揺れる樹影斑は靑緑色に……

p> <我曲淡い憂いと悲しみに満ちて、歌詞は優美で、境地深い.私は、このように、私は、このように、夏の日差しの冷たい冷たい、1つの普通の文で、私の思いを数えては……

蓬莱弱水の隔たり

の親愛なるあなた達を眠らせない、私を許すの感情が急にあふれて,私を許しての想いに逆流.あなたとまた泳ぎたい一度その枝葉が茂る樹影斑の回廊を,あなたともう1回酔いたい……

p>よう<窓の外の三日月眠い、ライト云飞かのようにあの薄い夏の作物の茂みに、それを抱いて眠る.

「私のことを好き

文字の友人達加qq セックス媚薬;2864605910、】

Copyright© 2010-2013 精力アップに欠かせない食材の紹介 All Rights Reserved.